おまめさんのよーぐると(shopモノエル)
カート(0)

menu

健康志向の方必見!手作りヨーグルトの作り方や効果は?

ダイエットや美肌効果が高く、腸内環境を整える“腸活”で注目されているヨーグルト。 近年の健康志向や手軽で美味しいと、毎日欠かさず食べている方も多いのではないでしょうか。

ヨーグルトは牛乳と種菌で作るため、牛乳アレルギーがある方は食べられないことがデメリット…しかし、牛乳を使わずに豆乳でも手作りすることができます。 牛乳の代わりに豆乳を使うと、乳酸菌の多さやビタミンB・Eやイソフラボンなどの美容効果が高いメリットがあるとされています。

今回は、腸活&美容効果抜群の豆乳で作るヨーグルト「おまめさんヨーグルト」についてご紹介します。 作り方や効果など説明しますので、腸活に関心のある方やヨーグルトを手作りしてみたい方はぜひ参考にしてください。" "ダイエットや美肌効果が高く、腸内環境を整える“腸活”で注目されているヨーグルト。 近年の健康志向や手軽で美味しいと、毎日欠かさず食べている方も多いのではないでしょうか。

ヨーグルトは牛乳と種菌で作るため、牛乳アレルギーがある方は食べられないことがデメリット…しかし、牛乳を使わずに豆乳でも手作りすることができます。 牛乳の代わりに豆乳を使うと、乳酸菌の多さやビタミンB・Eやイソフラボンなどの美容効果が高いメリットがあるとされています。

今回は、腸活&美容効果抜群の豆乳で作るヨーグルト「おまめさんヨーグルト」についてご紹介します。 作り方や効果など説明しますので、腸活に関心のある方やヨーグルトを手作りしてみたい方はぜひ参考にしてください。

おまめさんヨーグルト作りは失敗しやすい?

手作りヨーグルトは、市販のものよりも新鮮で美味しく経済的なので、「毎日食べるヨーグルトは手作りで」という方も多いかと思います。 おまめさんヨーグルトも一般の手作りヨーグルトと同様に簡単に作れるはずですが中には失敗例も… なぜヨーグルト作りに失敗してしまうのか、実際にある例と失敗しない方法をみてみましょう。

□固まらない! ヨーグルト作りの失敗例で多いのは、時間を置いても固まらない・分離するということ。 固まらない原因には以下のようなものがあります。

・かき混ぜが不足していた 種菌はダマになってしまうとしっかり固まりません! 種菌の粉末は細かいため、入れるときは全体をかき混ぜる必要があります。 おまめさんヨーグルトのパックで作る際も、振るだけでなく長めのスプーンでしっかりかき混ぜてください。

・発酵中に振動を与えてしまった 「ちゃんと固まったかな?」とついやってしまいがちな失敗です。 発酵中は振ったりかき混ぜたりせず、じっと我慢を!

・温度管理ができていなかった 種菌は「温度が命」といわれるほど温度管理が重要です。 おまめさんヨーグルトの発酵に適した温度は25℃〜28℃程度です。 豆乳の温度が低い場合は発酵しにくいため、あらかじめ温めておくことをおすすめします。 また、気温の低い冬に手作りする場合や寒い地域に住んでいる場合はタオルや保温効果の高いバッグなどに入れ温度を保つようにしてください。 地域や季節に合わせて発光時間や置き場所、温度等を考えて作りましょう。

・大豆固形分が8%以上の豆乳ではなかった おまめさんヨーグルトは豆乳以外では作れません。 大豆固形分8%未満の豆乳は固まりにくいため、大豆固形分が8%以上の豆乳を使用するようにしましょう。

使用する豆乳は下記を参考にご用意ください 大豆固形成分8%以上の豆乳製品…〇 大豆固形成分8%未満の豆乳製品…△ 手作り豆乳…×

□酸っぱい!カビができた! おまめさんヨーグルトだけでなくヨーグルトを手作りする場合、気を付けなければいけないのは雑菌です。 ヨーグルトの爽やかな香りがなく悪臭…匂いや色がいつもと違う場合は食べるのを控えてください。 市販のヨーグルトは工場での温度調節や滅菌管理などが行われていますが、自宅で手作りする場合、市販で販売されている程の衛生管理はできません。 そのため手作りヨーグルトの雑菌の繁殖はよくある失敗のひとつですが、健康面に影響しますので注意してください。

特におまめさんヨーグルトは腸で吸収しやすい小さくデリケートな種菌です。 容器・スプーンは中性洗剤で洗ったあと煮沸消毒し、雑菌が繁殖しないよう衛生的な器具の取り扱いをしましょう。

ヨーグルトをあえて手作りするのはなぜ?

「ヨーグルトって自分で作れるの?」と気になる方もいらっしゃるかと思います。 ヨーグルトは乳酸菌を使って発酵させた食品なので、ぬか漬けを作るようなイメージで、ご自宅で手作りされている方も実はとっても多いのです。

様々の種類のヨーグルトがスーパーやコンビニで販売されていますが、あえて手作りする理由には2つのメリットがあるからです。 おまめさんヨーグルトを手作りするメリットをみてみましょう。

□経済的に健康生活が送れる 市販のヨーグルトを1日1つ食べると約130円かかるとされています。 お気に入りのヨーグルトやパック入りのヨーグルト、効果が高いヨーグルトなどは価格が高めなのでさらにコストがかってしまいます。 ご家庭でおまめさんヨーグルトを作ると1食あたり約35円とコスパがよく、豆乳を継ぎ足して繰り返し(4回が目安)作れますので経済的。

□腸活のモチベーションアップ 健康や美容のためにヨーグルトを毎日食べる、という習慣を続けようと思っても好きな方でないとなかなか継続できません。 そこで自分で作ることによって腸活の実感がわき、モチベーションアップにつながります。 お子さんと一緒に作ると楽しいおやつ作りの時間になりますし、子供の健康食としても最適です。

おまめさんヨーグルトの特徴

では、おまめさんヨーグルトにはどんな特徴があるのかみていきましょう。

□豆乳の甘さが引き立つ無添加で美味しいヨーグルト おまめさんヨーグルトの種菌は、乳酸菌の研究で有名な菅辰彦先生と共同開発で生まれた“すぐき”由来の100%純粋な植物性乳酸菌です。 乳酸菌1つの大きさが小さい種菌なので腸への吸収力が良く、豆乳と合わせると酸味が少なくなめらかな食感になることが特徴です。 手作りで新鮮なまま食べられるのでお子様も安心ですね。

□市販ヨーグルトの約40倍の乳酸菌数 乳酸菌の数がヨーグルト規定値の約40倍と、質のいい種菌の効果が持続することも特徴のひとつ。 また、植物由来の乳酸菌はみそや漬物などと同様に生活に馴染があるため、私たちの体にとって相性が良い乳酸菌です。

□アレンジしやすい おまめさんヨーグルトは、もともとの豆乳の種類で味が変わりますので市販のヨーグルトと比べてご自身のお好みの味に近づけることができます。 また、くせがないのでお料理に入れても◎

□コスパ良く豆乳ヨーグルトを楽しめる 豆乳ヨーグルトは市販もされていますが、乳を使ったヨーグルトと比較して割高で輸入大豆が使われていることが多い傾向です。 そのため国産豆乳にこだわりのある方もコスパ良く豆乳ヨーグルトを楽しむことができます。

□牛乳アレルギーの方も安心 おまめさんヨーグルトは乳を使用していない100%植物性乳酸菌なので、牛乳アレルギーで市販のヨーグルトが食べられない方も安心して食べることができます。 お子様で牛乳アレルギーの方がご兄弟にいると、全員一緒のヨーグルトが食べられませんよね。 おまめさんヨーグルトなら、みんなで仲良く同じヨーグルトが食べられるので喧嘩になったり悲しい気持ちになったりといったトラブルになることもありません。

おまめさんヨーグルトの効果

おまめさんヨーグルトは“すぐき”由来の100%純粋な植物性乳酸菌と豆乳によって美容と健康の効果が期待できます。 おまめさんヨーグルトと合わせる豆乳は、別名「畑の肉」といわれ良質なたんぱく質を含む大豆が原料です。 ビタミンB群やビタミンE群のほか、大豆イソフラボンをはじめとする大豆由来の美容成分、たんぱく質が多く含まれています。 また、コレステロール・中性脂肪などの脂質を流す抗酸化作用と脂肪の吸収を抑える作用のあるサポニンが含まれます。 健康習慣や美容効果だけでなく、ダイエットをしたい方や便秘・お通じに悩んでいる方に腸活としてぴったりのヨーグルトです。 また、乳酸菌1つの大きさが小さい種菌なので腸への吸収力が良く、ヘルシーで健康的なボディメイクに効果的でしょう。

おまめさんヨーグルトの作り方

手作りヨーグルトというと発酵が難しそうなイメージがありますが、おまめさんヨーグルトは豆乳に種菌を混ぜるだけなので手軽に作れます。 用意するものは、500ml~1ℓの新鮮な豆乳(大豆固形分が8%以上の豆乳)と種菌だけです。

そして気になる作り方はたった3ステップ!

1.混ぜる 500㎖(種菌で作るとき)~1ℓ(繰り返し作るとき)の大豆固形分が8%以上の新鮮な豆乳に種菌3gをしっかり混ぜます ※底部まで混ざるように長いスプーン等でよくかき混ぜましょう ※開口部は必ず閉じてください ※室温が低いときは20度くらいまで豆乳を温めます

2.発酵 室温で発酵させますが、温度によって発酵時間が変わるため注意してください ・春秋(室温20℃~28℃)約30~48時間 おまめさんヨーグルトが発酵しやすい適温なのでそのままでOK ・夏(室温25℃~35℃)約24時間~36時間 冷房の効いた部屋や涼しい場所での発酵が◎ ・冬(室温15℃~20℃)約36時間~48時間 容器・豆乳のパックをタオルでまいて発酵させる ・真冬(室温15℃以下)約36時間~60時間 容器・豆乳のパックをタオルでまいて寒くない場所で発酵させる

3.冷やす 発酵時間が終わり、容器を開け中がプリン状に固まっていたら冷蔵庫で2時間ほど冷やして完成です。

POINT 完成したヨーグルトを使って繰り返し作る場合は4回が使用の目安です。 ヨーグルトが出来上がったら食べる前に次回作る量の10%(1ℓの場合は約大さじ7杯)を取り置きしてください。 これが種菌の代わりに使え、種菌から作るより完成時間が1/2~1/3程度が短縮できます。

【まとめ】手作りヨーグルトで気軽に腸活習慣を始めよう

いかがでしたでしょうか? 手作りヨーグルトのメリットや「おまめさんヨーグルト」の特徴や効果、作り方などを紹介しました。

おまめさんヨーグルトは市販のヨーグルトの半分以下のコストで作ることができるため、とっても経済的。 美容・健康効果も高いため毎日ヨーグルトを食べる方にとっては嬉しい節約術になりますね。 また、ご自分の手で作ったヨーグルトは特別で、特にお子様にとっては格別なおやつになるのではないでしょうか。

ぜひご家族揃ってヨーグルトを手作りして、腸活・菌活習慣を始めてみてはいかがでしょうか?

一覧へ戻る